東阪企画

フェイスブック マイナビ2019
  • トップ
  • 放送中の番組
  • 過去の制作番組
  • 受賞歴
  • 1分でわかる東阪企画
  • 求人情報
  • スタッフ紹介
  • 会社概要・アクセスマップ
  • リンク
  • お問い合わせ

東阪ブログ

東阪企画のブログです。

イージーライダー

06月25日

特番のロケに行ってきました。
梅雨が思いっきり自己主張するこの時期に、無謀にもバイクロケです。
当然結果、ロケ当日は雨。
なかなかの悪天候でしたが、出演者の皆さんはハイテンション!
ツーリングが出来るだけで楽しいそうで...さすが筋金入りのバイカーです。
三島大社バイク.jpg
そんな雨の中でも旅を楽しむ彼らに、天気の神様から御褒美が!
バックミラー.jpg
なんと、天気予報では一日中、雨だったにもかかわらず、昼すぎ晴れました。芦ノ湖.jpg
バイク特番は、7月に放送予定です。

風邪よ、鈴鹿で...

05月10日

10連休を満喫するスタッフがいる一方で、連休中、ロケのスタッフもおります。

場所は、モータースポーツの聖地、鈴鹿サーキット。
夏ごろに放送予定の特番ロケです。
鈴鹿ロケ-1.jpg

鈴鹿ロケ-2.jpg
4月末にもかかわらず、この日の鈴鹿は真冬並みの気温。
あまりの寒さに制作スタッフは、全員風邪をひきました。

働き方改革進行中

05月04日

ゴールデンウィーク中の、とある日。

ゴールデンウィーク写真.jpg

汐留スタッフルームは閑古鳥が鳴きまくっております。

とりあえず、働き方改革の一環です。

あの名作をもう一度

04月05日

連続ドラマW池井戸潤原作『空飛ぶタイヤ』5月5日(日)17:45~全5話一挙放送

ベストセラー作家、池井戸潤さんの作品は、今や映像業界で引っ張りダコですが、
池井戸作品を初めてドラマ化したのは、何を隠そう東阪企画なんです。

その記念すべき作品が、2009年3月にwowowで全5話の連続ドラマとして放送された『空飛ぶタイヤ』です。

この作品は自動車メーカーが係わった死傷事故やリコール隠しがテーマだったため、民放では映像化不可能と言われていました。
そんな作品をドラマ化したこの番組は高く評価され、放送された年の主だったテレビの賞を総なめしました。

■日本民間放送連盟・テレビドラマ部門最優秀賞
■東京ドラマアウォード連続ドラマ部門優秀賞
■第26回ATP賞グランプリ・ドラマ部門最優秀賞

10連休のひと時、皆さんも骨太な社会派ドラマを楽しんでみてはいかがでしょうか?
是非、ご覧ください。

2019年度入社式

04月02日

今年も弊社の新しい仲間を迎える季節がやってきました。
本社で行われた入社式の模様です。
今年の新人は4名(男性2名・女性2名)となっております。
入社式2019-2.jpg
恒例の社長による訓示が行われ...おっと、間違いました...会長の訓示でした。
昨年度から、武井は社長→会長、碓田は副社長→社長、大久保は専務→副社長に昇格したのをすっかり忘れていました。

この光景も入社式の風物詩となりました。
入社式2019-3.jpg

会長が新人に熱弁する中、大久保副社長は3年連続でスマホをガン見しております。
副社長に入社式の様子を訊ねても、どおりで今一つ要領を得ないわけです。
即刻、降格ですな。

本社入口で記念撮影。
入社式2019.jpg
みんないい笑顔です。

ぶらぶらしていたら...300回。

03月15日

 弊社の制作する番組「ぶらぶら美術・博物館」(BS日テレ)が、3月5日(火)の放送でめでたく300回を迎えました。
番組スタートは2010年4月ですから、来月で10年目を迎えます。早いような短いような...これもひとえに番組を見てくださる視聴者の皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。

今後も皆さんが楽しめる番組を作ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

ぶらぶら300回1.jpg
ちなみに、番組のナレーションを担当している奥田民義さんが、お祝いのメッセージを寄せてくれました。
ぶらぶら300回2.jpg
イケボのナレーター...実は、ちょっとお茶目な御仁です。

2020年度の新卒採用がスタート!

01月08日

2020年度の新卒採用がスタートしました

弊社の新卒採用に応募される方は...
まずは、弊社の管理部へお問い合わせください。
応募方法をお伝えいたします。

■問い合わせ先
東阪企画・管理部 渡部
TEL:03-3267-7377

東阪企画 新卒採用のFacebookでも、採用情報を随時更新していきますのでご覧ください。

「怪談女子」がチルテレで配信中!

08月17日

怪談を聞いている美女の怖がる顔をみながら...コワ楽しむ。
そんな新感覚バラエティー「怪談女子」が、チルテレで配信されています。
10話の至極の怪談がこれから順番にアップされる予定です。

怪談を語るのは、「新耳袋」の作者でも知られる怪異蒐集家・中山市朗さん。
怪談マニアの中でも人気の高い、最恐怪談「八甲田山」も披露しています。

怪談女子WEBページチルテレのユーチューブでご覧になれます。

東阪企画製作WOWOW連続ドラマW「アキラとあきら」
2018年ATP賞の"グランプリ"を獲得!!

07月23日

2017年度に製作会社が制作し放送された番組を顕彰するATP賞テレビグランプリ。 2018年7月13日(金)六本木・ハリウッドホールで開催されました。 ATP賞は作り手自らが審査員となって優れた番組選んで表彰するものです。 弊社製作のWOWOW連続ドラマW池井戸潤原作「アキラとあきら」が、 見事!全応募作116本の頂点"グランプリ"に選ばれました。

ATP賞はドキュメンタリー、情報バラエティ、ドラマ3部門から それぞれ1作品が選ばれ... 最後に、グランプリが全国のATP加盟社の投票によって決定されます。 結果は...

ドキュメンタリー部門最優秀賞「父を捜して」...31票 情報バラエティ部門優秀賞「阿久悠をめぐる対話」...29票 ドラマ部門最優秀賞「連続ドラマW"アキラとあきら」...39票

2位を10票離す大差で「アキラとあきら」がグランプリを獲得しました。

挨拶の水谷俊之監督は...

「3年前から準備し丁寧に創られた作品です。 チームワークの勝利だと思います。」

W主演の向井理さんは... 「撮影までの過程を聞いていたので、 1つの作品を作るまでに たくさんの時間と情熱が費やされていると痛感しています。 感慨深くて、 日々、台本に真摯に向き合っていかないといけないと思いました。」

そして、斉藤工さんは... 「先日、カナダに行った時、 そこで出会った日本人の方に『良かったよ』と声をかけられ、 映像作品が思わぬところに届くと痛感した。 西日本など大変な地域もあるが、 映像にできる可能性を強く感じた。 最後に、向井と同い年ですが... こんなに身も心も美しい人と並び続けた自分を褒めたい。」

今回のグランプリ受賞で... 2006年・ドラマW 作 山田洋二「祖国」 2009年・連続ドラマW 池井戸潤原作「空飛ぶタイヤ」 2018年・連続ドラマW 池井戸潤原作「アキラとあきら」

実に3度目の『グランプリ』に選ばれました。 ATP賞では、過去、奨励賞・優秀賞・最優秀賞・特別賞を含めると、 20の作品が受賞しています。

最後に偉大な作品を作り上げた、 キャスト・スタッフの皆様に深く感謝致します。

新卒採用活動は終了いたしました。

07月17日

この度、2019年度新卒採用活動を終了いたしました。

多くの学生の皆様にお会いできました事、 弊社に興味を持って頂けた事を心からお礼申し上げます。
なお、秋採用活動を行う場合、ホームページにて改めて詳細をお知らせいたします。

▼2020年度新卒採用につきましては、詳細が決まり次第ご案内いたします。

東阪企画 新卒採用のFacebookでも、採用情報を随時更新していきますのでご覧ください。
ページトップ